本文へスキップ

大阪府堺市北区 なかもず駅前の さわだ眼科 です

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.072-258-8025

堺市北区中百舌鳥町2-39  なかもず駅前クリニックセンター301

クリニック案内clinic guide

院長ごあいさつ

院長略歴
大阪大学医学部医学科卒業
大阪大学医学部附属病院眼科勤務
大阪労災病院眼科医員・医長を経て
平成24年さわだ眼科開院

日本眼科学会認定 眼科専門医
眼科手術学会会員

開院5年目を迎えて 平成29年5月
 平成29年の5月で、当院も開院5年を迎えることとなりました。これも、ひとえに近隣住民の皆さま、またインターネットで当院を見つけたり、大阪労災病院勤務時からの縁で遠方からでも通って下さる方のおかげであり、心から感謝しております。
 当初は火曜日のみの手術日でしたが、白内障や翼状片、眼瞼の手術がどんどん増加し、最近ではほぼ毎日、何かしらの手術を行うようになってきました。お仕事をされている世代の方では長期の入院が難しく、日帰り手術で何とかして欲しいという期待が非常に大きいです。当院では、白内障を含めた一般疾患から、緑内障手術(おもに濾過手術で行っています)・硝子体手術まで、入院をせずに安全に行える手術は幅広く行っております。
 また、当院周辺では大規模なマンションが増加していることもあり、小児の患者数が他地域と比較して多いと思います。平成27年より金岡南小学校の眼科校医をしておりますが、毎年児童数が増えております。実際に、当院近隣の5小学校(金岡・金岡南・中百舌鳥・百舌鳥・西百舌鳥小学校)の児童数は平成28年の統計で合計4300人を超えております。それに対応すべく、視能訓練士の数も増やしており、金曜の午後以外のすべての時間帯で小児の弱視や斜視の検査ができる人員配置としております。今後もしばらくは小児の人数が増えると思われますので、
斜視・弱視に興味のある視能訓練士の方は是非当院までご連絡ください。あまり、小児眼科に縁の無かった方でも、どの時間でも他の技師がサポートできますし、何しろ数が多いのですぐに自信を持って働ける力が付くと思います。
 開院当時と比較して、外来受診の患者数は大分増えていますが、優秀な検査員・受付職員に恵まれたことで、おおむね検査から診察まで含めて、長くても1時間程度で終了できるように努めております。学校検診の時期などは、もう少しお時間を頂戴することもあると思いますが、期待に応えられる診療内容でお返ししたいと思いますので、次の5年も何卒よろしくお願いします。

開院のあいさつ 平成24年5月
 堺市 なかもず駅前にある、さわだ眼科院長の澤田浩作です。

 前勤務地の大阪労災病院では、約8年に渡り、白内障を始め、網膜・硝子体分野の手術、特に網膜剥離や糖尿病網膜症、黄斑疾患の手術を数多く施行しておりました。
 さらに、通常の緑内障に加え、末期糖尿病網膜症の合併症として発症する新生血管緑内障の手術をも多数行うことで、眼科手術全般に精通することができました。
 しかし、平日のみの診療時間では、治療に専念したくとも通院が出来ないとの声も多く、また、待ち時間が3時間、4時間となることも常態化しており、これらを何とか改善できないかと日々考えておりました。
 さわだ眼科では、午後診・土曜診も行っていますので、仕事帰りに受診して頂くことができます。また、手術直後の急変や緊急疾患にも対応できる設備を整備ましたので、これからは、総合病院クラスの医療を、迅速に提供できるようになると確信しております。
 最後となりますが、一人でも多くの方々の眼に対する不安を取り除き、皆様と共に喜べる眼科を目指しております。今後とも、さわだ眼科をご支援いただけますよう宜しくお願い致します。



さわだ眼科
Sawada Eye Clinicさわだ眼科

〒591-8023
大阪府堺市北区中百舌鳥町2-39
なかもず駅前クリニックセンター301
TEL 072-258-8025